同じ問題をやり続ける

中学受験の勉強対策としては、とりあえず問題を解かせることが重要になります。最初のうちは同じ問題をやらせることで理解していき、学力アップ、偏差値の向上にもつながるでしょう。ただし、いつまでも同じ問題をしても答えを覚えてしまいしっかりとした勉強になりませんので、ある程度覚えたら他の問題を出して応用を利かせるようにしましょう。うまく問題の出し方をすることで同じような問題は問題なく答えられるようになりますので、これで中学受験の一歩を進めるようにしましょう。この手のやり方は特に算数に効果的な状態になりますので算数が苦手な子供はこのやり方で覚えていくようにしましょう。

覚えないといけないことは、基本的に何回も書いて覚えるのが良いです。基本的な勉強方法ではありますが、中学受験をする場合は基本となる土台をしっかりと作らないとうまく勉強ができなくなるので注意です。しかし、基本をしっかりとすれば仮に初めて見る問題でも対処できるようになりますので中学受験をする場合は反復をしっかりとさせるようにしましょう。これが対策の一つです。

ちなみに、反復はある程度理解すればしなくても良いです。わかっているところをずっとやらせる勉強方法は無駄なので中学受験を円滑にするためにも的確な勉強方法をさせるようにしましょう。