合わせて◯◯◯

中学受験の算数を解く際に、「合わせて◯◯◯」という計算の遊びをしてみることをおすすめします。そうすれば計算スピードを上げることができますし、とても頭に良い問題でしょう。

「合わせて◯◯◯」とは、ある数字に何かを足せば目的の数字にする遊びです。例えば、100にするために64と何を入れれば100になるかという問題を出していくものです。他にも135にするために24と何を足せばと言った問題を作って遊びながら勉強をすることができます。中学受験にも大体は同じような問題が出てくるのでやってみると良いです。これの考え方としては分解して計算をすることです。これがうまくできるようになれば、算数が苦手な子供でもかなり学力を上げることができます。ですから、中学受験のためにやってみると良いです。ただし、こればかりしても中学受験に合格できるわけではないので注意です。

「合わせて◯◯◯」はどのような数字でも入るのでかなり多くの問題を出すことができます。それ故に暗算などの勉強にもなりますので、とても良い遊びでしょう。ある意味で大人になってもやっておくと数字に強くなります。この計算式は上記でも説明したように考え方を変えるのが主な目的です。故に、このような考え方を変えるのも中学受験に必要なことなので柔軟な考え方ができるように子供に勉強させましょう。