短めの勉強と自信

集中力というものは維持がとても大変です。本当に集中できる人はかなり沢山の時間集中できますが、それでも基本的にそこまで長く集中することができません。ですから、中学受験のために勉強をする時に長く勉強しても返って集中できないで偏差値を下げることがあります。そこで短めの勉強をしていく方法が良いです。

短めの勉強と言ってもただ勉強をするだけではあまり効果がありません。短い勉強でも効率よく勉強をしたほうが良いです。ですから、テストなどをするのがおすすめです。テストならある程度の時間で良いし、うまくできた時のモチベーション回復や自信をつけるのにとても良いので、これをして良い勉強をすると良いです。そして、そのテストを終えたらとりあえず子供に遊ばせるようにすれば良いです。

ある程度遊ばせてからテストの内容で間違っているところを直させて、復習させるようにしましょう。その時も短い時間で済ませるのが良いかもしれませんが、間違っている問題数が多いと復習できないで終わりますので注意です。その時にモチベーションが下がるようなやり方をしてはいけません。怒るというのは絶対してはいけないことなのですが、間違っているところをそのまま放置していると良くないので直すのだけではやらせましょう。